新着情報
07/15
その他
東京都民ではないのに、今回の都知事選挙はとても気になってニュースを追いかけていました。バイデン大統領の進退も気になるこの頃です。 今年は、世界中で政治の流れが大きく変わっています。というのも、EUの多くの地域で、極右とナショナリスト右派が躍進しているからです。 背景にあるのは、(2022年度は700万人がEU内に流入したという)移民問題、インフレ、環境重視の改革のコスト(環境保護を重要視する結果、電気代などが高騰)、などに人々が懸念を募らせているからだと言われています。 反移民、反環境規制、反EUといった主張を掲げる極右の躍進は、昨年11月のオランダの選挙で顕著に表れました。ドイツ、ハンガリーでも極右政権が誕生しています。先週のフランスの解散総選挙でも、結果及ばなかったものの、同様に極右政党が大躍進しました。 イスラエルは伸びほうだいのぶどうの木。実もそれに等しい。実を結ぶにつれて、祭壇を増し国が豊かになるにつれて、聖なる柱を飾り立てた。(ホセア10・1)新共同訳 イスラエルは実を結ぶ茂ったぶどうの木。その実が多くなればなるほど、彼は祭壇を増やした。(同)フランシスコ会訳 イスラエルは多くの実を結ぶ...
07/14
今週のお知らせ
7月の第2日曜日は「船員の日」です。船員の仕事は、わたしたちの生活を支える大切な仕事ですが、それは船員たちの犠牲の上に成り立っています。船員たちとその家族のために祈りしましょう 聖マリア、海の星、船員たちの安全をお守りください。 あなたの保護と導きが彼らとともにありますように。 激しい波に直面する時、暗闇の中で航海を続ける時、 あなたの光で道を照らし、安らぎと勇気を与えてください。 彼らの家族と愛する人々に心をあわせ、祈ります。 彼らが大海原で活躍し、無事に帰って笑顔で家族や友人と再会できますように。 あなたの祝福が彼らとともにありますように。アーメン
07/14
今週のお知らせ
☆主任司祭より ・カトリック福岡司教区は、2027年7月16日に創立100周年を迎えます。創立100周年を迎えるにあたり、今年2024年の7月より準備期間として3年間を設け、宣教司牧方針の3つの柱の理解を深め、それに伴う活動を行っていきます。 1.「出向いて行く教会となる」 2.互いに支え合う「交わりの教会」となる 3.「未来に開かれた教会」となる また、教区創立100周年に向かう歩みを始めるにあたり、本日(14日)、全小教区で心を合わせ、この意向でミサが捧げられ、また、毎月、共同祈願とお祈りをいたします。 ※お祈りのカードは、3年間使用しますので、大切に保管ください。 ⭐︎日曜学校より ・本日(14日)9:00のミサ後、保護者会を行いますので、お集まりください。 ・21日(日)9:00ミサ後~15時、子どもたちの黙想会を行います。お弁当と水筒を持参してください。 ⭐︎筑後地区宣教司牧評議会より 筑後地区 サマーキャンプについて。27(土)~28日(日) 北九州地区の新田原教会にて、1泊2日の予定で行います。 対象は、小学校 4 年~大学生なお、小学校 4年生 以下は保護者の同伴が必要ですが、夜、一人で寝ることができれば同伴は不要です。 参加費・3000円、た...
07/13
福岡教区からのお知らせ
2024年7月14日(日)、教区100周年に向けての記念ミサから、2027年7月16日の教区創立100周年までの間、3年間かけてお祝いの時を祈りのうちに過ごすこととなりました。 福岡教区創立100周年・開催のミサにあたっての、アベイヤ司教様からのメッセージです。 兄弟姉妹の皆さん、今日、喜びをもって、2027年7月16日に記念する福岡教区創立100周年を祝うための歩みを始めます。一人ひとりにとって、信仰を深めるときとなり、福岡教区にとってこの地域に派遣された教会として福音を証し、宣べ伝える決意を新たにするときになるように祈ります。福岡教区宣教司牧方針のことばを借りて、わたしたちの教区としての歩みの始まりを思い起こしたいと思います。 「あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい」(マタイ28・19)との主のみことばを受け止めた聖フランシスコ・ザビエルは1549(天文18)年、日本に主の救いの福音を伝えました。1557(弘治3)年には博多にも聖堂が建てられたといわれています。 聖フランシスコ・ザビエルは日本宣教の保護者とされています。その後の450年の間、潜伏キリシタンの時期や明治初年の奇跡の再開を経て、イエス・キリストの福音...
07/08
教会行事
6/23にアベイヤ司教様をお迎えして、筑後地区の信徒を対象とした研修会が行われました。 研修会、というと一方的に「講話」のようなものを聞くだけ、の場合が多いかと思いますが、今回は司教様が二つのテーマで「さぁ、みなさんで今から分かち合ってください」という場面をくださいました。 教会では、「分かち合い」ということをよくします。 一般的には、「嬉しかったこと、喜ばしいことを分かち合う」こと(お祝いの会や贈り物)はしても、面と向かって人に「さぁ、分かち合いましょう」とは言う機会はあまりないのではないでしょうか。 (多分、ちょっと怪訝な顔をされます。。。) 東京大司教区のホームページに「分かち合いとは」というページがあり、そこにはこう書いてありました。 『分かち合いとは』知識や考察、正しいとか間違っているという判断ではなく、今ありのままの自分が感じている、心の動き(喜び、悲しみ、怒り、恐れなど)や、気づきを分かち合うこと互いに、ひたすら心をこめて聴き合うこと肯定も否定もせず、解決も試みず、教えたり、指図したり、勧めたりもせず、ただ傾聴すること 『分かち合いの実り』・「今、ここで」自分が感じてい...
07/07
今週のお知らせ
☆主任司祭より ・明日8日(月)は、主任司祭の出張のため、朝ミサはございません。 ・カトリック福岡司教区は、2027年7月16日に創立100周年を迎えます。 創立100周年を迎えるにあたり、今年2024年の7月より準備期間として3年間を設け、宣教司牧方針の3つの柱 1.「出向いて行く教会となる」 2.互いに支え合う「交わりの教会」となる 3.「未来に開かれた教会」となる の理解を深め、それに伴う活動を行っていきます。 また、教区創立100周年に向かう歩みを始めるにあたり、来週14日(日)、全小教区で心を合わせ、この意向でミサが捧げられます。 ⭐︎女性の会より 本日(7日)9:00ミサ後、信徒会館にて例会を行います。 ⭐︎日曜学校より ・来週14日(日)9:00のミサ後、保護者会を行いますので、お集まりください。 ・21日(日)9:00ミサ後~15時、子どもたちの黙想会を行います。お弁当と水筒を持参してください。 ⭐︎筑後地区宣教司牧評議会より 筑後地区 サマーキャンプについて。7月27(土)~28日(日) 北九州地区の新田原教会にて、1泊2日の予定で行います。 対象は、小学校 4 年~大学生、なお、小学校 4年生 以下は保護者の同伴が必要です。 参加費・3000円、ただし...
07/01
その他
本を読むのが好きな一番の理由は、「知る」ことができること。 最近のニュースサイトは、AIによってランダムに「好み」そうな記事が表示される仕組みになっていますし、そもそも内容の信憑性が疑わしいものが多い気がして、、、。 また面白い本を読みました。   アメリカの歴史はコロンブスがアメリカ大陸を「発見」した1492年から書き始められます。(そう、学生時代には教わったのです。) ですがこれは、あくまでもヨーロッパ的な見方であり、アメリカ大陸にはもともと先住民が暮らし、彼らはヨーロッパからやってきた彼らに、土地も彼ら自身をも「略奪」されたにすぎません。 コロンブスが「発見」したカリブ海の島々も、当時の教皇アレクサンデル6世の「認可」を得て、スペインとポルトガルで分け合っています。その後もスペインは、南アメリカ大陸の地域をも征服し、現在のボリビアのポトシ銀山に眠っていた膨大な埋蔵量の銀山は、スペインの戦費を賄う重要な財源となったのです。 アメリカでは10月第2月曜日はコロンブス最初の航海を記念する『コロンブスデー』の祝日でしたが、近年はさまざまな都市がこの祝日を『先住民の日』に置き換えて、各地で...
06/30
今週のお知らせ
☆主任司祭より 名古屋教区に義援金97,300円(2月11日~6月16日分)を送金いたしました。引き続き、石川・能登半島地震で被災された方々のために、お祈りと義援金の協力をお願いいたします。 ⭐︎主和の会より 本日(30日)9時ミサ後より勉強会を行います。メンバーを募集中です。興味のある方は、遠慮なくご参加ください。 ⭐︎女性の会より 7月7日(日)9:00ミサ後、信徒会館にて例会を行います。 ⭐︎日曜学校より 21日(日)9:00ミサ後~15時まで、子どもたちの黙想会を行います。お弁当と水筒を持参してください。   ⭐︎筑後地区宣教司牧評議会より 筑後地区 サマーキャンプ7月27(土)~28日(日) 北九州地区の新田原教会にて、1泊2日の予定で行われます。対象は、小学校 4 年生~大学生で、小学校 4年生 以下は保護者の同伴が必要です。参加費・3000円(子どもの費用は教会が負担します。)申込みは、事務室にて7月21日(日)までにお願いいたします。詳細は、掲示板または、チラシをご覧ください。      
。 先日のミサのの朗読で、「あぁ、ここは素敵。帰って聖書を開いて前後を読んでみよう」と思う個所がありました。家に帰って聖書を開くと、あまりにも訳が違うことに気づきました。 それで、わたしたちはいつも心強いのですが、体を住みかとしているかぎり、主から離れていることも知っています。目に見えるものによらず、信仰によって歩んでいるからです。わたしたちは、心強い。そして、体を離れて、主のもとに住むことをむしろ望んでいます。(2コリント5・6〜8 新共同訳) そこで、わたしたちはいつも安心しているのですが、この体に住みついている間は、主のもとを離れているのだと知っています。見えるものによってではなく、信仰によってわたしたちは生活しているからです・・・・。わたしたちは安心しているのですが、体の住まいを離れて主のもとに住みつくほうがいいと思っています。(フランシスコ会訳) それで、私たちはいつも安心しています。もっとも、この体を住みかとしている間は、主から離れた身であることも知っています。というのは、私たちは、直接見える姿によらず、信仰によって歩んでいるからです。それで、私たちは安心していますが、願わく...
06/23
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より 23日(日)の午後2時から開催される、アベイヤ司教様の講演会へのご参加をお願いします。 信仰を次世代に繋ぐため、これからわたしたち信徒がどう行動していったらよいか、司教様のお話しから皆さんで分かち合いましょう。 なお、参加される方は、「教区宣教司牧方針」の冊子をご持参ください。 ※ホームページにも載せていますので、印刷してご持参ください。 ・本日(25日)は、『聖ペトロ使徒座への献金』になっており、本日のミサ献金をその為にお捧げしますので、皆様のご協力をお願いいたします。 ・名古屋教区に義援金97,300円(2月11日~6月16日分)を送金いたしました。引き続き、石川・能登半島地震で被災された方々のためにお祈りと義援金の協力をお願いいたします。 ⭐︎主和の会より 30日(日)9時ミサ後より勉強会を行います。メンバーを募集中です。興味のある方は、遠慮なくご参加ください。    
中世ヨーロッパはラテン語が唯一の公用普遍語であったため、キリスト教ではラテン語を使ってその教えを広めていった、ということを以前書きました。 地方の話し言葉としてのラテン語は、ローマ帝国崩壊後は各地でそれぞれ独自の変容を遂げていき、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ルーマニア語などの言語が生み出されることになりました。 これらの地方に伝播されたラテン語(Vulgar Lain、俗ラテン語)と、その各地方の現地語とが時とともに融合し、各地で別々に発達し、ついに相互に通じなくなったのです。 「相互に通じなくなった」と聞くと、バベルの塔と聖霊降臨について思い浮かびます。 五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。さて、エルサレムには天下のあらゆる国から帰って来た、信心深いユダヤ人が住んでいたが、この物音に大勢の人が集まって来た。そして、だ...
06/16
今週のお知らせ
☆主任司祭より 今月23日(日)14時より、筑後地区の信徒を対象としたアベイヤ司教様の講演会が久留米教会で開催されます。ぜひ、ご参加ください。 なお、参加される方は、「教区宣教司牧方針」の冊子をご持参ください。 ※ホームページにも載せていますので、印刷してご持参ください。 ⭐︎ヨゼフ会より 本日(16日)9時ミサ後、ヨゼフ館にて例会を行います。 ⭐︎フードドライブより 今月は、22日(土)13:00~15:00です。食品(賞味期限の切れていないもの)とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。皆さん、よろしくお願いいたします。 ⭐︎主和の会より 30日(日)9時ミサ後より勉強会を行います。メンバーを募集中です。興味のある方は、遠慮なくご参加ください。 ⭐︎事務室より 22日(土)の生花は、21日(金)10時に変更いたします。ご協力お願いいたします。  
バチカンの一般謁見での教皇様のお話しには、いつも心を打たれ、新しい気づきを与えてもらいます。 わたしたちがある人物について最初に知ること、それは名前である。わたしたちはそれによってその人を呼び、認識し、記憶する。聖三位一体の三番目のペルソナも名前を持っている。それは聖霊である。しかし、聖霊を指す「スピリトゥス」という呼び方はラテン語化されたものである。最初に聖霊を啓示された人々が知った名前、預言者や、詩編作者、マリア、イエス、使徒たちが呼び祈った名前、それは風や息を意味する「ルーアハ」という名であった。(6/5教皇フランシスコ水曜一般謁見でのお説教より)   主は皆さんとともに dominus vobiscumまたあなたとともに et cum spiritu tuo 昨年、ミサの式次第が変更になる前は、「また司祭とともに」と言っていました。 先日、友人から「本当は『あなたの霊とともに』と言うのが正しい訳なのよ」と教えてもらいました。 日本語で「主は皆さんとともに」と訳されている表現も、直訳では「主はあなたたちとともに」であり、それに対する会衆の応答が「またあなたとともに」なのだそうです。 主がイサクにかけた言葉「わ...
06/09
今週のお知らせ
☆主任司祭より ・本日(9日)11:00、韓国(ソウル大司教区・明逸(ミョンイル)洞(ドン)教会)より、巡礼団が訪問され、ミサを捧げられます。 ・教会敷地内は、身体が不自由な方(許可証をお持ちの方)のみが駐車できます。最近、違法駐車が多いので、日吉小学校西側の駐車場を使用してください。なお、必ず駐車許可証をダッシュボードに掲示してください。 ・今月23日(日)14時より、筑後地区の信徒を対象としたアベイヤ司教様の講演会が久留米教会で開催されます。ぜひ、ご参加ください。なお、参加される方は、「教区宣教司牧方針」の冊子をご持参ください。 ⭐︎日曜学校より 本日(9日)9:00のミサ後、保護者会を行いますので、お集まりください。 ⭐︎ヨゼフ会より 来週19日(日)9時ミサ後、ヨゼフ館にて例会を行います。 ⭐︎フードドライブより 今月は、22日(土)13:00~15:00です。食品(賞味期限の切れていないもの)とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。皆さん、よろしくお願いいたします。      
06/03
その他
6/2のごミサでは、初聖体の子どもたちの晴れやかな笑顔がありました。 ・・・・・・・ 現代では誰も、話し言葉としては使っていないラテン語ですが、ヨーロッパの様々なは言語はラテン語から派生したものが多いだけでなく、わたしたちの今の生活の中にも、まだまだラテン語が存在しているのを感じます。 「謙遜」の徳は、様々な悪徳の中でも最も深刻な「高慢」の悪徳への偉大な対抗者である。うぬぼれと高慢が、自分を実際以上のものに見せながら、人の心を膨らませているのに対し、謙遜はそれをあるべきサイズに戻してくれる。わたしたちは素晴らしい被造物であるが、長所と短所によって限界づけられた存在である。聖書はその始めから「塵(ちり)にすぎないお前は塵に返る」(参照 創世記3・19)と、わたしたちに思い出させている。実際、ラテン語で「謙遜な」(humilis)という言葉は「土」(humus)から来ている。それにも関わらず、人の心にはしばしば大変危険な万能という妄想がのし上がって来る。(5/22教皇フランシスコ 一般謁見でのお言葉より) 実際に聖書がラテン語で書かれていたわけではないのに、こうして聖書の言葉を説明してくださるときには今...
06/02
今週のお知らせ
☆主任司祭より ・本日(2日)(キリストの聖体)は、初聖体になっています。初聖体の子どもたちの為にお祈りください。 ・7日(金)は、当教会の守護者イエスのみこころのお祝い日ですが、初金曜日と重なりましたので、13:30よりミサを行います。 ・9日(日)11:00、韓国(ソウル大司教区・明逸(ミョンイル)洞(ドン)教会)より、巡礼団が訪問され、ミサを捧げられます。 ・教会敷地内は、身体が不自由な方(許可証をお持ちの方)のみが駐車できます。尚、最近、違法駐車が多いので、日吉小学校西側の駐車場を使用する際は、必ず駐車許可証をダッシュボードに掲示してください。 ・今月23日(日)14時より、筑後地区の信徒を対象としたアベイヤ司教様の講演会が久留米教会で開催されます。ぜひ、ご参加ください。 ・皆さまよりお預かりしましたカリタスジャパンの各支援への募金(2023年6月4日~9月29日分)のうち、「ウクライナ危機人道支援」へ43,100円「トルコ南東部地震救援」へ21,450円を送金いたしました。ご協力ありがとうございました。 ⭐︎女性の会より 本日(2日)9:00ミサ後、聖堂にて例会を行います。 ⭐︎日曜学校より 来週9日(日)9:00のミサ後、保護者会を行いますので...
05/27
その他
今週もお相撲の話しからです。 いま、わたしの一番のオシは、入門一年にして優勝した、元横綱稀勢の里の二所ノ関部屋の大の里(相撲ファンでないと、早口言葉のような文字列ですね。) 大の里というしこ名は、大正から昭和初期に活躍し「相撲の神様」と呼ばれた元大関の大ノ里に由来しているそうです。 『名は体を表す』と言いますが、相撲力士のしこ名と取り組み方を併せて見ていると、その名のように成長していく様を感じるのはわたしだけでしょうか。 この言葉は、『名前にそのものの本当の姿が表れている』という意味を持つ慣用句です。仏教用語の『名体不二(みょうたいふに)』(名前と体は一緒である、という意味)が由来であるとされています。 正教会やカトリック教会においては聖人を崇敬しており、わたしたちはそれぞれ洗礼名を持っています。一方で、プロテスタント諸教派においては聖人崇敬を行わないため、特に洗礼名を付けないところが多いようです。 教皇フランシスコは、イエズス会出身であるのに『フランシスコ』という霊名を選びました。アッシジの聖フランシスコを崇敬されて、というのはご存じかと思います。 成人洗礼であれば、わたしたち...
05/26
今週のお知らせ
☆主任司祭より ・25日(土)、26日(日)は、「世界こどもの日」です。教皇様のメッセージは、掲示板にて一読してください。 ・来週6月2日(日)(キリストの聖体)は、初聖体になっています。初聖体を準備している子どもたちの為にお祈りください。 ・5月は『聖母月』です。月~金曜日の13:30よりロザリオを祈っています。 ・2024年度の「福岡教区ハンドブック」が届いております。1冊100円の献金をお願いします。 ⭐︎教会委員より 本日(26日)9時ミサ後、信徒会館にて、合同委員会を行います。各代表はお集まりください。 ⭐︎女性の会より 6月2日(日)9:00ミサ後、信徒会館にて例会を行います。   *世界こどもの日の祈り* 聖霊、来てください。 あなたのすばらしさが 世界のこどもたちの顔に映し出され わたしたちに示されますように。 イエスよ、来てください。 あなたはすべてを新たにし わたしたちを御父へと導く道です。 来て、わたしたちとともにいてください。 アーメン。   
先週の記事のテーマについて引き続き考えながら、大好きな大相撲中継を見ていました。 教会の友人と、「改めて考えてみると、カトリックって決まり事が多いよね。。。」と話しをしたところでしたので、相撲の所作を改めて注意深く見てみました。 相撲好きの方はご存じのように、 「勝った力士は、勝ったという事実に縁起を担ぎ、次の取組の力士に力水をつけてあげる」「勝った力士は、懸賞金を受け取るときに刀手を切る(右手で左側を切り、その後で右と中央を連続して切る)」 など、相撲は所作をとても大事にしています。こうした所作が雑な力士は、たとえ横綱であっても評価が下がり、親方から叱責を受けるのです。 わたしたちも、ミサ中に決まった場面で十字を切り、立ったり座ったり、歌ったり祈ったり、決められた所作をしています。 何気なく、ではなく、ひとつひとつに意味があることも理解しています。   19日のごミサでは、お2人の方が受洗されました。 洗礼の秘跡の中では、司祭も受洗者も代父母も、決められた美しい所作を大切にします。   ルカ・シニョレッリ『使徒たちの聖体拝領』Comunione degli apostoli 『初聖体拝領』...
05/19
今週のお知らせ
☆主任司祭より ・5月は『聖母月』です。月~金曜日の13:30よりロザリオを祈っています。 ・2024年度の「福岡教区ハンドブック」が届いております。1冊100円の献金をお願いします。 ⭐︎フードドライブより 今月は、25日(土)13:00~15:00です。食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。 皆さん、よろしくお願いいたします。 ⭐︎ヨゼフ会より 本日(19日)9時ミサ後、ヨゼフ館にて例会を行います。 ⭐︎教会委員より 26日(日)9時ミサ後、信徒会館にて、合同委員会を行います。各代表はお集まりください。    
05/13
その他
人の価値観や物事の受け取り方が予想とあまりにも違うと、驚いたり・気付かされたり、ということがありませんか? 最近、ごミサの中で気になっていることがあります。 「あの方はお見かけしたことがないな、初めて来られた方かな?」ということがよくあります。 そうした方のことは、気にかけて声をかけるようにしています。そして、『初めて教会に来られた方へ』というパンフレット、聖書と典礼、聖歌集をお渡しし、質問も受けるようにしています。 ところが、中には知らずにご聖体を受け取り、口にしてしまう方がいらっしゃるのです。並んで、信者の所作を真似てしまうようです。 「洗礼を受けておられない方は、司祭から祝福を受けることができます」、とアナウンスをしていますが、委員会でこのことが話題になりました。 「司祭から祝福を受ける」ということを、そもそも理解できないのではないか、と。「洗礼を受けていないと聖体がもらえないなんて、差別されてる気持ちがする」とおっしゃった方もいたそうです。「信じなければ救われない、というのがキリスト教ですか?」と聞かれたこともあります。 わたしたち信徒の価値観で、「洗礼を受けていないのにご...
05/12
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より 5月は『聖母月』です。月~金曜日の13:30よりロザリオを祈ります。 ⭐︎日曜学校より 本日(12日)9:00のミサ後、保護者会(初聖体、茶話会について)を行いますので、お集まりください。 ⭐︎主和の会より 本日(12日)9時ミサ後より勉強会を行います。メンバーを募集中です。興味のある方は、遠慮なくご参加ください。 ⭐︎フードドライブより 今月は、25日(土)13:00~15:00です。食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。 皆さん、よろしくお願いいたします。   
津和野の乙女峠には、毎年5月3日に全国から巡礼者が集まります。 聖母月にあたり、聖母マリアと殉教者たちを讃えるお祝いのこの日は、コロナ禍も巡礼者が途絶えることはなく、今年も(おそらく)2500名ほどが津和野教会から乙女峠までの聖母行列、峠の記念聖堂でのごミサに与りました。 地元の方は「知っている限り、今までで1番多いような気がします」とおっしゃっていました。   このような、苔むした急な坂道を登ったところに記念聖堂と広場があります。わたしは、この坂を登り降りることは難しかったので、麓でYouTubeの生配信をみながらごミサに与りました。 乙女峠のこと、ご存知でしょうか。 1867年、明治政府による浦上村の隠れキリシタン弾圧事件「浦上四番崩れ」では、およそ3400名ほどのキリシタンたちが見知らぬ土地に流刑されました。  全国22ヵ所に流された人々のうち、153名は津和野に辿り着きました。激しい責苦を受け、37名が乙女峠で殉教しました。 1892年に、ビリオン神父が殉教者たちの遺骨を一つの墓に収めました。1948年には、ネーベル神父が地域の方々の支援を受けて乙女峠に記念聖堂を建て、その周りの殉教地が祈り...
05/05
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・本日(5日)は『世界広報の日』になっており、本日のミサ献金をその為にお捧げしますので、皆様のご協力をお願いいたします。 ・6日(月)、7日(火)は、主任司祭が留守のため、朝ミサはございません。 ・5月は『聖母月』です。7日(火)から、月~金曜日の13:30よりロザリオを祈ります。   ⭐︎女性の会より 本日(5日)9:00ミサ後、聖堂にて例会を行います。   ⭐︎主和の会より 本日(5日)9時ミサ後より勉強会を行います。メンバーを募集中です。興味のある方は、遠慮なくご参加ください。   ⭐︎日曜学校より 来週12日(日)9:00のミサ後、保護者会(初聖体、茶話会について)を行いますので、お集まりください。  
04/29
復活節
以前書いた、聖書とキリスト教の教えについて学び始めた友人と、先日LINEでやりとりをしていました。 先週の記事を読んでもらい、意見交換をしていて、わたしが「この世はテンポラリーなもので、永遠の命のためにわたしたちはこの世を旅しているのよ」と伝えたところ、こう質問されました。 「永遠の命、とはどういうこと?」 皆さんは、そう尋ねられたらどうお答えになりますか? 昔、「マラナタ、ってどういう意味ですか?」と、年配の信者さんに質問したことがあります。その時のお答えは、「心で理解していることなので、そういう風に聞かれたらうまく言葉にできない」と。 使徒信条は、このように締めくくられます。 聖霊を信じ、聖なる普遍の教会、聖徒の交わり、罪のゆるし、からだの復活、永遠のいのちを信じます。 二ケア・コンスタンチノープル信条では、 わたしは信じます。主であり、いのちの与え主である聖霊を。聖霊は、父と子から出て、父と子とともに礼拝され、栄光を受け、また預言者をとおして語られました。わたしは、聖なる、普遍の、使徒的、唯一の教会を信じます。罪のゆるしをもたらす唯一の洗礼を認め、死者の復活と来世のいのちを待ち...
04/28
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・明日29日(月・祝)に開催される『くるめ楽衆国まつり』のため、8:00~17:00は、明治通り(六ツ門交差点から日吉町交差点まで)は片道通行となり、教会内駐車場には車両の乗り入れができません。また、西鉄久留米方面からのバスは迂回するため、日吉町バス停には停車しませんのでご注意ください。 ・5月6日(月)、7日(火)は、主任司祭が留守のため、朝ミサはございません。 ・5月は『聖母月』です。 5月7日(火)から、月~金曜日の13:30よりロザリオを祈ります。 ⭐︎教会委員より 本日(28日)9時ミサ後、信徒会館にて、合同委員会を行います。各代表はお集まりください。 ⭐︎女性の会より   5月5日(日)9:00ミサ後、聖堂にて例会を行います。 ⭐︎日曜学校より   5月12日(日)9:00のミサ後、保護者会(初聖体、茶話会について)を行いますので、お集まりください。       
04/22
復活節
「The Book」といえば、「聖書」を意味します。 2010年の映画「ザ・ウォーカー」(デンゼル・ワシントン主演)は、原題「The Book」です。それが聖書とは知らずに、「本を西へ運べ」という心の声に導かれ、目的地も分からぬまま30年間アメリカを西に歩き続ける男の話しです。 先日、「星の旅人たち」という映画を観ました。原題は「The Way」 The Bookが聖書であるように、The Wayは聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路のことです。 旅の途中で出会ったジプシーの男が主人公に告げた、「息子の遺灰をムシーアの海に撒け」との言葉に従って、目的の聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラに辿り着いた後も旅を続ける、父親の物語です。父親役はマーティン・シーン、息子役はエミリオ・エステべス、2人は実の親子であり、息子のエミリオがこの作品の監督です。(AmazonPrimeでご覧になれます。)   イスラエル、ローマ、サンティアゴ・デ・コンポステーラが、キリスト教の3大巡礼地と言われています。 スペイン語でEl Camino de Santiago(サンティアゴの道)と呼ばれ、El Camino(その道)、つまりThe Wayといえば、この巡礼のことを指します。 ...
04/21
今週のお知らせ
☆主任司祭より ・本日(21日)は、「世界召命祈願の日」です。召命のために心をあわせて祈りましょう。 ・29日(月・祝)に開催される『くるめ合衆国まつり』のため、8:00~17:00は明治通り(六ツ門交差点から日吉町交差点まで)は片側通行となり、教会内駐車場には車両の乗り入れができません。 また、西鉄久留米方面からのバスは、迂回するため日吉町バス停には停車しませんのでご注意ください。 ⭐︎フードドライブより 今月は、27日(土)13:00~15:00です。食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。 皆さん、よろしくお願いいたします。 ⭐︎教会委員より 28日(日)9時ミサ後、信徒会館にて合同委員会を行います。各代表はお集まりください。 ・・・・・・・・・・・ 召命を求める祈り 主イエス・キリスト、魂の牧者よ この困難の多い現代社会の中に生きる若者が、 内と外のさまざまな声の中から 「わたしに従いなさい」という 優しく力強いあなたの叫びを聞き分けることができるよう、 彼らの心を開いてください。 一人ひとりの心をあなたで満たしてください。 人生における真に善いこと、美しいことへのあこがれ、 福音を完全に生きたいとの望み、人々の救...
04/15
復活節
ローマに滞在中の聖書の師匠が、カラバッジョの作品の写真を送ってくださいました。 サンタゴスティーノ聖堂(ローマ)にある、カラヴァッジョの『ロレートの聖母(巡礼者の聖母)』 貧しい農民であろう老夫婦が、聖母子を拝む様子が描かれています。 聖母マリアは、33歳のカラヴァッジョが当時の公証人パスクアローネを襲撃し、大怪我を負わせる原因となった娼婦マッダレーナ・アトニエッティがモデルと言われています。 崇敬の対象である聖母マリアが普通の人々と同じように素足で描かれ、肩を出した露出の高い服、しかも巡礼者とかなり近い距離であることから、不敬だとしてライバルの画家に訴えられて裁判にかけられ、実際に投獄されています。 マリアの母性は、わたしたちを神の御父としての優しさに出会わせてくださる、もっとも直接的で、容易な道です。聖母が、信仰の始まりとその中心へ導いてくださるのです。それは、計り知れない賜物で、わたしたちを神に愛される子どもとし、御父の愛のうちに住まわせてくださるのです。(教皇様の4/10のX)   そして、今観ているネットフリックスのドラマに登場したのが、次の作品です。 この『ゴリアテの首を...
04/14
今週のお知らせ
☆主任司祭より ・本日(14日)は『カテドラル特別献金日』となっており、今日のミサ献金を、その為にお捧げします。皆様のお祈りとご協力をお願い致します。 ・「教区報読者アンケート」にご協力お願いいたします。 https://fukuoka.catholic.jp/infomation/20243031questionnaire/ ・4月より、第2日曜日が「子どもとともにささげるミサ」になります。   ⭐︎営繕委員より 20日(土)より教会敷地入口の電線埋設工事を予定しております。ご不便をおかけしますが、ご理解、ご協力の程、よろしくお願いいたします。 ⭐︎日曜学校より 本日(14日)9:00ミサ後、保護者会を行います。信徒会館にお集まりください。 ⭐︎フードドライブより 今月は、27日(土)13:00~15:00です。食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。 皆さん、よろしくお願いいたします。  
4月の教皇様の祈りの意向は、「女性の役割」のために、とされています。 「女性の尊厳と価値があらゆる文化で認められ、さまざまな差別に終止符が打たれますように」。 ビヨンセ(アメリカの世界的アーティスト)の楽曲に、「Who run the world? Girls!」というのがあります。 誰が世界を動かしてる?女性たちよ!! 日本では女性管理職の数が少ない、議員になる女性が少ない、などと言われていますが、世界を見渡せば、女性たちがまだ旧約聖書の時代のような扱いを受けている国もあるのです。 聖書が書かれたのは、古くは今から4000年以上前であるにも関わらず、そして、当時は当然の如く女性蔑視(人数を数える際にはカウントされないですし)の時代であったにも関わらず、旧約にも新約にも、歴史を動かす女性や男性に怯まず行動する女性たちが描かれています。 イエス様が亡くなった時とその直後、すぐに行動したのは女性たちでした。 イエス様が息を引き取られた時に、百人隊長が「まことに、この方は神の子であった」。と言い、その様子を婦人たちが遠くから見守っていました。(マルコ15・40)   ジェームズ・ティソ(James Tissot)『十字架上から見た...
04/07
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・「教区報読者アンケート」にご協力お願いいたします。https://fukuoka.catholic.jp/infomation/20243031questionnaire/ ・4月より、第2日曜日が「子どもとともにささげるミサ」になります。 ・4月からの講座の案内 *聖書・要理講座 (信徒のみ) 毎週水曜 10時 / 19時 →10日開講*キリスト教入門講座(未洗者のみ)    毎週木曜日 10時 / 19時→11日開講   ⭐︎女性の会より 本日(7日)9:00ミサ後、信徒会館にて例会を行います。 ⭐︎営繕委員より 8日(月)より信徒会館トイレの改修工事、また、20日(土)より教会敷地入口の電線埋設工事を予定しております。 ご不便をおかけしますが、ご理解、ご協力の程、よろしくお願いいたします。 ⭐︎日曜学校より 14日(日)9:00ミサ後、保護者会を行います。信徒会館にお集まりください。 ⭐︎事務室より 本日(7日)、事務室はお休みです。  
04/01
復活祭
聖週間は、わたしたちの信仰の基礎をなしています。 聖木曜日は洗足式が行われました。 聖金曜日、一年に一度この日だけ祭壇の布が取り外され、日中の祭壇にはステンドグラスが映り込みます。 聖土曜日、新しいロウソクが準備され、新しい一年が始まりました。 そして、御復活を祝う日曜日には、記憶にある限りこれほどまでに多くの参列があったのは初めてでは?というほどの人々が、ごミサに集いました。 5人の幼児洗礼式が執り行われ、お祝いは頂点に達した日曜日でした。 ・・・・・・・・・・・・ 4つの複音書で、受難物語の中の言い回しや出来事の順序が互いによく似ていることは、初代教会がイエスの受難の細部にどのような重要性を見ていたかを示しています。 その受難を、特にイザヤ書の苦しむ僕の歌を、苦しむ義人の詩編の観点から解釈しています。受難の苦悩を言い繕うことはせずに、物語全体を復活の光で満たしているのです。特にマルコは、読者にこの神秘の重要性をより深く理解してもらおうという点に集中しています。 つまり、ポンティオ・ピラトのもとで十字架につけられて死んだこの男は誰なのか、そしてこの男の死はわたしとどのよ...
4月からの新年度の聖書講座は、次の日程で始めます。 *聖書講座(信徒対象) 4/10より 毎週水曜10時〜・19時〜 *カトリック入門講座(未受洗者対象) 4/11より 毎週木曜10時〜・19時〜
03/31
今週のお知らせ
⭐︎主のご復活おめでとうございます⭐︎ ⭐︎主任司祭より ・「教区報読者アンケート」にご協力お願いいたします。https://fukuoka.catholic.jp/infomation/20243031questionnaire/ ・4月5日(金)13:30の初金ミサに、洪助祭様が来られます。 ・4月より、第2日曜日が「子どもとともにささげるミサ」になります。 ⭐︎女性の会より 4月の例会は、7日(日)9:00ミサ後にいたします。 ⭐︎日曜学校より 4月14日(日)9:00ミサ後、保護者会を行います。信徒会館にお集まりください。 ⭐︎事務室より 4月7日(日)、事務室はお休みです。  
03/25
四旬節
枝の主日、あいにくの雨でしたが、大切な日を祝うことができました。 この枝は、久留米教会の敷地に育っているもので、有志の皆さんが丁寧に洗い、棘をとり、枝の主日のために準備してくださったものです。 ・・・・・・・・・・ わたしたちカトリック信者は、占いやおまじないと言ったものを信じてはいません。 全ては神様の御旨の通り、お導きを信じていますから。 ですが、京都でお寺を巡ったり、神社でおみくじを引いたり、といったことは、日本人の習慣として楽しむことはあります。 占いやおみくじに書かれていることは、時には(都合のいい時には)わたしたちの心の支えとなります。 言葉に心を留める人は喜びを見出す。主に寄り頼む人は幸い。(箴言16・20) 心地よい言葉は蜂蜜のよう、舌に甘く、体を健やかにする。(箴言16・24) 人の歩みは主によって導かれる。人間は、どうして自分の道を悟り得ようか。(箴言20・24) NYの妹が、仕事で東京に来ています。 彼女は、父と変わらない年齢の世界的アーティストのプロデューサー的な仕事をしており、その方の作品を昔売った方から買い戻す、外国の美術館で個展を開催する、など、大きなミッションを幾...
03/24
今週のお知らせ
☆聖週間スケジュール 3月28日(木)聖木曜日 晩餐ミサ(洗足式) 19:00 3月29日(金)聖金曜日   十字架の道行 13:30 十字架の崇敬式 19:00 3月30日(土)聖土曜日 復活徹夜祭(手話通訳) 19:00 3月31日(日) 主の復活 6:30 主の復活※幼児洗礼式 9:00 ※29日(金)聖金曜日は、大斎・小斎となっています。 ⭐︎久留米教会で2年間司牧実習された、ボナベントゥラ洪 燦基(ホン・チャンキ)新助祭の叙階式が、3月20日(水)に浦上司教座聖堂にて、中村倫明大司教の主司式、髙見三明名誉大司教と約70人の司祭団の共同司式により行われました。        
03/20
ご協力のお願い
3/23土曜日に予定してた枝の準備は、雨天が予想されるため、22日金曜日の10時からに変更します。 剪定ばさみ、手袋をご持参のうえご参加ください。 ご協力、よろしくお願いいたします。 主任司祭
03/18
四旬節
天国はどのようなところだろう、と思ったことはありませんか? 「天の国」はわたしたちが永遠に安らぐ場所、という感覚で理解していますが、「天国」は、大切な人々が旅立ったところ、というイメージです。 わたしはいつも、母が天国で後から来た後輩たちのお世話を焼いている姿を想像しています。 何度か書いたことのある、支援していた方が天国へ旅立たれました。 どうしてわたしが神に答えられようか。言葉を選んで神と論議することができようか。たとえ、わたしが正しくても、わたしは答えることができない。わたしを裁く方に憐れみを乞うだけである。たとえ、わたしが呼んで、神がお答えになっても、神がわたしの言い分をお聞きになるとは思えない。わたしに息つく暇も与えず、苦痛でわたしを満たされる。わたしはもう自分のことはどうでもよい。わたしは生きることをいとう。神でなければ、これは誰の仕業か。(ヨブ記9・14~18、23、24) なぜ、あなたはわたしを母の胎から引き出されたのですか。わたしは誰の目にも触れずに息絶えていたらよかったものを。あたかもこの世にいなかった者のように、母の胎から墓場へと運ばれていればよかったものを。わたしの余...
03/17
今週のお知らせ
☆主任司祭より ・復活祭(3月31日)に『幼児洗礼』を希望される保護者の方は、本日(17日)までに申込書に必要事項をご記入の上、事務室にご提出ください。 尚、24日(日)9:00ミサ後に、幼児洗礼希望保護者への説明会を行いますので、必ず、ご出席ください。欠席の場合、次回の洗礼式に延期いたします。   ⭐︎教会委員会より ・20日(水)に行われる、洪(ホン)神学生の助祭叙階式へバスでの参加を希望の方は、7:20に久留米教会を出発いたしますので、時間厳守で集合してください。 昼食の用意はありませんので、各自でご準備ください。 7:20久留米出発→9:30浦上天主堂到着10:30より叙階式15:00浦上天主堂出発→17:10久留米着予定 ・23日(土)10時より、枝の主日の準備を行います。 ※枝切りにつきましては、特に男性の方にお手伝いをお願いいたします。 ※手袋、剪定バサミ等をお持ちでしたら、ご持参下さい。   ⭐︎主和の会より 本日(17日)9時ミサ後より勉強会を行います。興味のある方は、遠慮なくご参加ください。   ⭐︎フードドライブより 今月は、23日(土)13:00~15:00です。食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。 皆さん、よろ...
03/11
四旬節
レコンキスタという言葉、ご存じでしょうか。「失地回復」を意味するスペイン語です。 718年から1492年まで、イスラム教徒から南欧イベリア半島を奪還するために、ヨーロッパのキリスト教勢力が起こした戦争のことです。当時、イスラム教徒だけではなく、多くのユダヤ人もスペインから追放されました。 最近は、プーチン大統領によるウクライナ侵攻は「レコンキスタ」であると表現されています。 1198年に選出されたローマ教皇インノケンティウス3世。悪名高き行いや政策で、カトリック界のみならず、歴史に名を遺した教皇です。 カトリックの威信の発揚とイスラムの撃退を目指した教皇は、キリスト教諸国間の争いを停止し、対ムスリムで結束するように呼びかけます。これに応えて、ヨーロッパでは第4回十字軍が結成されました。これも、当時の彼らの意図としては「レコンキスタ」です。 イベリア半島でも、アルフォンソ8世を中心としたキリスト教連合軍が結成されることになり、ピレネー山脈を越えて多くの十字軍騎士が来援し、連合軍は総数6万を超えました。 レコンキスタは、「再征服」という言い方もされるようです。取り戻す、ということでしょうか。   ...
03/10
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・復活祭(3月31日)に『幼児洗礼』を希望される保護者の方は、17日(日)までに申込書に必要事項をご記入の上、事務室にご提出ください。 尚、24日(日)9:00ミサ後に、幼児洗礼希望保護者への説明会を行いますので、必ず、ご出席ください。欠席の場合、次回の洗礼式に延期いたします。 ・幼稚園卒園式のため、16日(土)の聖堂掃除はありません。 ⭐︎教会委員会より ・洪(ホン)神学生の助祭叙階式に届ける霊的花束の為にご協力をお願いいたします。締切10日迄 ・3月20日(水)に行われる、洪(ホン)神学生の助祭叙階式へバスでの参加を希望の方は、事務室にてバス代4,000円を添えてお申し込みください。満席になり次第締め切ります。(残4席) 昼食の用意はありませんので、各自で準備してください。 *7:20久留米出発時間厳守→9:30浦上到着/10:30より叙階式*15:00浦上天主堂出発→17:10久留米着予定 ・本日(10日)9時ミサ後、大掃除を行います。ご協力をお願いいたします。  ・23日(土)10時より、枝の主日の準備を行います。※枝切りにつきましては、特に男性の方にお手伝いをお願いいたします。  ※手袋、剪定バサミ等をお持ちでしたら、ご持参下...
NYに聖書を持って行ったことを書きましたが、妹は友だちが来たとき、「姉は毎日聖書を読んでいる」と驚いた様子で話していました。(毎日読んでいた訳ではないのですが、、、、) その彼女から、「ボーイフレンドがプロテスタントの熱心な信者で、聖書を勉強してほしいと言われたの。Aki(わたしの妹)に聖書を借りて読んでるけど、眠くなるだけで全然意味がわからない。どうしたらいい?」と聞かれました。 「一人で家で聖書を読んでも、理解は難しいよ、、、。」その時は、そう答えました。 『信仰が先か、聖書が先か。』その時は、そう思ったのです。 聖書をどこから読むかによっても、「面白くない」「意味がわからない」という感想だけに終わってしまいます。 福音宣教の3月号、高橋洋成さんのコラムに、「マルコの福音書はせわしなく場面が切り替わる。導入部分のイエスの出現と洗礼、荒野の試練、宣教の開始、使徒たちとの出会いに至るまでの経緯を、マタイとルカでは4〜5章を費やしているのに、マルコはたったの1章で駆け抜ける。」と書いてありました。 今では1番最初に書かれた福音書はマルコである、とわたしたちは認識していますが、実はこの福音書は他の...
03/03
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・復活祭(3月31日)に『幼児洗礼』を希望される保護者の方は、17日(日)までに申込書に必要事項をご記入の上、事務室にご提出ください。 尚、24日(日)9:00ミサ後に、幼児洗礼希望保護者への説明会を行いますので、必ず、ご出席ください。欠席の場合、次回の洗礼式に延期いたします。 ⭐︎教会委員会より ・洪(ホン)神学生の助祭叙階式に届ける霊的花束の為にご協力をお願いいたします。 ・3月20日(水)に行われる、洪(ホン)神学生の助祭叙階式へバスでの参加を希望の方は、事務室にて、バス代4,000円を添えてお申し込みください。先着23名、満席になり次第締め切ります。 昼食の用意はありませんので、各自で準備してください。 (7:20久留米出発→9:30/15:00浦上天主堂発→17:10久留米着) ・復活祭を迎えるにあたり、10日(日)9時ミサ後、大掃除を行います。ご協力をお願いいたします。 ・23日(土)10時より、枝の主日の準備を行います。※枝切りにつきましては、特に男性の方にお手伝いをお願いいたします。 ※手袋、剪定バサミ等をお持ちでしたら、ご持参下さい。 ⭐︎主和の会より 本日(3日)、17日(日)9時ミサ後より勉強会を行います。興味のある...
02/26
四旬節
今回の滞在は長かったため、いろいろなことをじっくりと考える時間がありました。 先日、クロイスターズ美術館に行ってきました。ここはメトロポリタン美術館の別館になっていますが、セントラルパークの中央あたりにある本館からはかなり遠く、マンハッタンの上の方にあります。   1934年から1938年にかけて、ヨーロッパの4つの修道院と3つの礼拝堂が、石材のままニューヨークへ運ばれ、再建され、ひとつの建物として生まれ変わりました。 それが、このクロイスターズ美術館です。 クロイスターとは、修道院の内部にある回廊のことです。 9歳の姪、シャーロットは、父親が入学させたかった学校に入るために、0歳の頃から一緒にクエーカーのミーティングに行っていました。(わたしたちが日曜日に集まるのをミサ、という代わりに、彼らは日曜日の集まりをミーティングと呼んでいます。) 今回、クロイスターズ美術館でカトリックの美術品に囲まれて圧倒されたようで、「わたしも大きくなったらカトリックになりたい!」と言っていました。 「ミーティングではいつも何をしてるの?」「ただ静かにみんなでお祈りをするのよ。」「どんなことを祈っ...
02/25
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より 復活祭(3月31日)に『幼児洗礼』を希望される保護者の方は、3月17日(日)までに申込書に必要事項をご記入の上、事務室にご提出ください。 尚、3月24日(日)9:00ミサ後に、幼児洗礼希望保護者への説明会を行いますので、必ず、ご出席ください。欠席の場合、次回の洗礼式に延期いたします。 ⭐︎教会委員会より ・本日(25日)9時ミサ後、合同委員会を行います。各グループの代表者は、ご出席ください。 ・洪(ホン)神学生の助祭叙階式に届ける霊的花束の為にご協力をお願いいたします。 ・3月20日(水)に行われる、洪(ホン)神学生の助祭叙階式へバスでの参加を希望の方は、事務室にて、バス代4,000円を添えてお申し込みください。 先着23名、満席になり次第締め切ります。 昼食の用意はありませんので、各自で準備してください。*7:20久留米出発→9:30着*15:00浦上天主堂発→17:10久留米着   ⭐︎女性の会より 3月の例会は、3日(日)9:00ミサ後にいたします。 ⭐︎主和の会より 3月3日(日)、17日(日)9時ミサ後より勉強会を行います。興味のある方は、遠慮なくご参加ください。 ・・・・・・・・・・・ ⭐︎四旬節のスケジュール *3月17日(日) ...
02/19
その他
わたしが今回ニューヨークに来たのは、家族の今と将来を、自分の目と心で確認するためです。 妹は、ニューヨークに住むようになって30年近くになります。今ではこちらで会社を運営し、2人の娘がいます。もちろん日本でもそうですが、働く母というのはとても大変です。 5年ぶりに来ましたが、日本と同じく、物の値段が上がり(と言っても、全てが日本の倍以上の価格です)、ますます暮らすのが大変になっていました。 妹も洗礼を受けていますが、教会からは遠ざかっており、それも心に引っかかっていました。   わが子よ、わたしの言うことをよく聞け。わたしの言葉に耳を傾けよ。それをお前の目から離さず、お前の心のうちに保て。それを見出す者には、それは命となり、その全身を健やかにする。用心深くお前の心を守れ。そこから、命の水が湧き出る。ひねくれたことを言う口を、お前から取り去り、曲がったことを言う唇を、お前から遠ざけよ。お前の目は前を見つめ、お前の視線を、お前の前に注ぐようにせよ。お前の足の歩みに心を配り、お前のすべての道を堅く固めよ。右にも左にもそれるな。お前の足を悪から遠ざけよ。(箴言4・20〜27)   (フリックコ...
02/18
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・復活祭(3月31日)に『幼児洗礼』を希望される保護者の方は、3月17日(日)までに申込書に必要事項をご記入の上、事務室にご提出ください。尚、3月24日(日)9:00ミサ後に、幼児洗礼希望保護者への説明会を行いますので、必ずご出席ください。欠席の場合、次回の洗礼式に延期いたします。   ⭐︎教会委員会より ・25日(日)9時ミサ後、合同委員会を行います。各グループの代表者は、ご出席ください。 ・洪(ホン)神学生の助祭叙階式に届ける霊的花束の為に、ご協力をお願いいたします。   ⭐︎フードドライブより 今月は、24日(土)13:00~15:00です。食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。 皆さん、よろしくお願いいたします。   ⭐︎主和の会より 3月3日(日)、17日(日)9時ミサ後より勉強会を行います。興味のある方は、遠慮なくご参加ください。 ・・・・・・・・・・・ *四旬節のスケジュール* 3月17日(日) 9時ミサ後、ゆるしの秘蹟 11時~ 黙想会(竹内神父様) ゆるしの秘蹟 3月18日(月)、19日(火)、21日(木)   10時~11時・18時~19時 (信徒会館小部屋)  
メトロポリタン美術館に行きました。   日本で有名な絵画展があっても、写真撮影は出来ないことが普通ですが、こちらではOKです。 もちろん、その美術館の収蔵品だから、と言うこともありますが、例えば小学生が課外授業でクラスごと訪れていて、座り込んで写生していたりするのも普通の光景です。     とても1日では見て回れない数の展示品がありますので、見たいポイントを調べてから行かないと、疲れ果てるだけに終わる贅沢な美術館です。 わたしはいつも、同じ絵を見るために行くのですが、今回はこれらのキリスト教にまつわる作品を初めて見ました。   カトリック教会が芸術に力を入れるようになったのは、宗教改革に端を発しています。トリエント公会議で、芸術は崇拝の対象ではないとの判断がなされ、建築や絵画が重要な位置を占めるようになって行きます。絢爛豪華で力強い教会の建築を推し進め、教義の重要性を絵画や彫刻で語ることに力を入れていきます。 1506年に着工されたローマのサン・ピエトロ大聖堂はその事情を反映している、とウィキペディアにありました。   「聖人崇拝に好意的ではないプロテス...
02/11
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・名古屋教区に義援金107,250円(1月8日~2月4日分)を送金いたしました。引き続き、石川・能登半島地震で被災された方々のためにお祈りと義援金の協力をお願いいたします。 ・2月14日は『灰の水曜日』です。当日は19:00よりミサ、灰の式があります。 また、当日は大斎小斎日になっています。(※大斎とは、1日に1回だけ十分な食事をとるか、2回に分け、少量ずつの食事をとることもできます。60歳未満の成人信者にはその遵守が義務づけられています。 ただし、病気、出産前後、精神的あるいは肉体的重労働などによる妨げとある場合には大斎の義務はありません。 小斎とは嗜好品(例えば、コーヒー、タバコ、酒類)を控えることで、14歳以上の信者に守る義務があります。) なお、当日の朝ミサはございません。 ・復活祭(3月31日)に『幼児洗礼』を希望される保護者の方は、3月17日(日)までに申込書に必要事項をご記入の上、事務室にご提出ください。 尚、3月24日(日)9:00ミサ後に、幼児洗礼希望保護者への説明会を行いますので、必ず、ご出席ください。欠席の場合、次回の洗礼式に延期いたします。 ⭐︎日曜学校より 本日(11日)9:00ミサ後、保護者会を行い...