新着情報
バチカンの一般謁見での教皇様のお話しには、いつも心を打たれ、新しい気づきを与えてもらいます。 わたしたちがある人物について最初に知ること、それは名前である。わたしたちはそれによってその人を呼び、認識し、記憶する。聖三位一体の三番目のペルソナも名前を持っている。それは聖霊である。しかし、聖霊を指す「スピリトゥス」という呼び方はラテン語化されたものである。最初に聖霊を啓示された人々が知った名前、預言者や、詩編作者、マリア、イエス、使徒たちが呼び祈った名前、それは風や息を意味する「ルーアハ」という名であった。(6/5教皇フランシスコ水曜一般謁見でのお説教より)   主は皆さんとともに dominus vobiscumまたあなたとともに et cum spiritu tuo 昨年、ミサの式次第が変更になる前は、「また司祭とともに」と言っていました。 先日、友人から「本当は『あなたの霊とともに』と言うのが正しい訳なのよ」と教えてもらいました。 日本語で「主は皆さんとともに」と訳されている表現も、直訳では「主はあなたたちとともに」であり、それに対する会衆の応答が「またあなたとともに」なのだそうです。 主がイサクにかけた言葉「わ...
06/09
今週のお知らせ
☆主任司祭より ・本日(9日)11:00、韓国(ソウル大司教区・明逸(ミョンイル)洞(ドン)教会)より、巡礼団が訪問され、ミサを捧げられます。 ・教会敷地内は、身体が不自由な方(許可証をお持ちの方)のみが駐車できます。最近、違法駐車が多いので、日吉小学校西側の駐車場を使用してください。なお、必ず駐車許可証をダッシュボードに掲示してください。 ・今月23日(日)14時より、筑後地区の信徒を対象としたアベイヤ司教様の講演会が久留米教会で開催されます。ぜひ、ご参加ください。なお、参加される方は、「教区宣教司牧方針」の冊子をご持参ください。 ⭐︎日曜学校より 本日(9日)9:00のミサ後、保護者会を行いますので、お集まりください。 ⭐︎ヨゼフ会より 来週19日(日)9時ミサ後、ヨゼフ館にて例会を行います。 ⭐︎フードドライブより 今月は、22日(土)13:00~15:00です。食品(賞味期限の切れていないもの)とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。皆さん、よろしくお願いいたします。      
06/03
その他
6/2のごミサでは、初聖体の子どもたちの晴れやかな笑顔がありました。 ・・・・・・・ 現代では誰も、話し言葉としては使っていないラテン語ですが、ヨーロッパの様々なは言語はラテン語から派生したものが多いだけでなく、わたしたちの今の生活の中にも、まだまだラテン語が存在しているのを感じます。 「謙遜」の徳は、様々な悪徳の中でも最も深刻な「高慢」の悪徳への偉大な対抗者である。うぬぼれと高慢が、自分を実際以上のものに見せながら、人の心を膨らませているのに対し、謙遜はそれをあるべきサイズに戻してくれる。わたしたちは素晴らしい被造物であるが、長所と短所によって限界づけられた存在である。聖書はその始めから「塵(ちり)にすぎないお前は塵に返る」(参照 創世記3・19)と、わたしたちに思い出させている。実際、ラテン語で「謙遜な」(humilis)という言葉は「土」(humus)から来ている。それにも関わらず、人の心にはしばしば大変危険な万能という妄想がのし上がって来る。(5/22教皇フランシスコ 一般謁見でのお言葉より) 実際に聖書がラテン語で書かれていたわけではないのに、こうして聖書の言葉を説明してくださるときには今...
06/02
今週のお知らせ
☆主任司祭より ・本日(2日)(キリストの聖体)は、初聖体になっています。初聖体の子どもたちの為にお祈りください。 ・7日(金)は、当教会の守護者イエスのみこころのお祝い日ですが、初金曜日と重なりましたので、13:30よりミサを行います。 ・9日(日)11:00、韓国(ソウル大司教区・明逸(ミョンイル)洞(ドン)教会)より、巡礼団が訪問され、ミサを捧げられます。 ・教会敷地内は、身体が不自由な方(許可証をお持ちの方)のみが駐車できます。尚、最近、違法駐車が多いので、日吉小学校西側の駐車場を使用する際は、必ず駐車許可証をダッシュボードに掲示してください。 ・今月23日(日)14時より、筑後地区の信徒を対象としたアベイヤ司教様の講演会が久留米教会で開催されます。ぜひ、ご参加ください。 ・皆さまよりお預かりしましたカリタスジャパンの各支援への募金(2023年6月4日~9月29日分)のうち、「ウクライナ危機人道支援」へ43,100円「トルコ南東部地震救援」へ21,450円を送金いたしました。ご協力ありがとうございました。 ⭐︎女性の会より 本日(2日)9:00ミサ後、聖堂にて例会を行います。 ⭐︎日曜学校より 来週9日(日)9:00のミサ後、保護者会を行いますので...
05/27
その他
今週もお相撲の話しからです。 いま、わたしの一番のオシは、入門一年にして優勝した、元横綱稀勢の里の二所ノ関部屋の大の里(相撲ファンでないと、早口言葉のような文字列ですね。) 大の里というしこ名は、大正から昭和初期に活躍し「相撲の神様」と呼ばれた元大関の大ノ里に由来しているそうです。 『名は体を表す』と言いますが、相撲力士のしこ名と取り組み方を併せて見ていると、その名のように成長していく様を感じるのはわたしだけでしょうか。 この言葉は、『名前にそのものの本当の姿が表れている』という意味を持つ慣用句です。仏教用語の『名体不二(みょうたいふに)』(名前と体は一緒である、という意味)が由来であるとされています。 正教会やカトリック教会においては聖人を崇敬しており、わたしたちはそれぞれ洗礼名を持っています。一方で、プロテスタント諸教派においては聖人崇敬を行わないため、特に洗礼名を付けないところが多いようです。 教皇フランシスコは、イエズス会出身であるのに『フランシスコ』という霊名を選びました。アッシジの聖フランシスコを崇敬されて、というのはご存じかと思います。 成人洗礼であれば、わたしたち...
05/26
今週のお知らせ
☆主任司祭より ・25日(土)、26日(日)は、「世界こどもの日」です。教皇様のメッセージは、掲示板にて一読してください。 ・来週6月2日(日)(キリストの聖体)は、初聖体になっています。初聖体を準備している子どもたちの為にお祈りください。 ・5月は『聖母月』です。月~金曜日の13:30よりロザリオを祈っています。 ・2024年度の「福岡教区ハンドブック」が届いております。1冊100円の献金をお願いします。 ⭐︎教会委員より 本日(26日)9時ミサ後、信徒会館にて、合同委員会を行います。各代表はお集まりください。 ⭐︎女性の会より 6月2日(日)9:00ミサ後、信徒会館にて例会を行います。   *世界こどもの日の祈り* 聖霊、来てください。 あなたのすばらしさが 世界のこどもたちの顔に映し出され わたしたちに示されますように。 イエスよ、来てください。 あなたはすべてを新たにし わたしたちを御父へと導く道です。 来て、わたしたちとともにいてください。 アーメン。   
先週の記事のテーマについて引き続き考えながら、大好きな大相撲中継を見ていました。 教会の友人と、「改めて考えてみると、カトリックって決まり事が多いよね。。。」と話しをしたところでしたので、相撲の所作を改めて注意深く見てみました。 相撲好きの方はご存じのように、 「勝った力士は、勝ったという事実に縁起を担ぎ、次の取組の力士に力水をつけてあげる」「勝った力士は、懸賞金を受け取るときに刀手を切る(右手で左側を切り、その後で右と中央を連続して切る)」 など、相撲は所作をとても大事にしています。こうした所作が雑な力士は、たとえ横綱であっても評価が下がり、親方から叱責を受けるのです。 わたしたちも、ミサ中に決まった場面で十字を切り、立ったり座ったり、歌ったり祈ったり、決められた所作をしています。 何気なく、ではなく、ひとつひとつに意味があることも理解しています。   19日のごミサでは、お2人の方が受洗されました。 洗礼の秘跡の中では、司祭も受洗者も代父母も、決められた美しい所作を大切にします。   ルカ・シニョレッリ『使徒たちの聖体拝領』Comunione degli apostoli 『初聖体拝領』...
05/19
今週のお知らせ
☆主任司祭より ・5月は『聖母月』です。月~金曜日の13:30よりロザリオを祈っています。 ・2024年度の「福岡教区ハンドブック」が届いております。1冊100円の献金をお願いします。 ⭐︎フードドライブより 今月は、25日(土)13:00~15:00です。食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。 皆さん、よろしくお願いいたします。 ⭐︎ヨゼフ会より 本日(19日)9時ミサ後、ヨゼフ館にて例会を行います。 ⭐︎教会委員より 26日(日)9時ミサ後、信徒会館にて、合同委員会を行います。各代表はお集まりください。    
05/13
その他
人の価値観や物事の受け取り方が予想とあまりにも違うと、驚いたり・気付かされたり、ということがありませんか? 最近、ごミサの中で気になっていることがあります。 「あの方はお見かけしたことがないな、初めて来られた方かな?」ということがよくあります。 そうした方のことは、気にかけて声をかけるようにしています。そして、『初めて教会に来られた方へ』というパンフレット、聖書と典礼、聖歌集をお渡しし、質問も受けるようにしています。 ところが、中には知らずにご聖体を受け取り、口にしてしまう方がいらっしゃるのです。並んで、信者の所作を真似てしまうようです。 「洗礼を受けておられない方は、司祭から祝福を受けることができます」、とアナウンスをしていますが、委員会でこのことが話題になりました。 「司祭から祝福を受ける」ということを、そもそも理解できないのではないか、と。「洗礼を受けていないと聖体がもらえないなんて、差別されてる気持ちがする」とおっしゃった方もいたそうです。「信じなければ救われない、というのがキリスト教ですか?」と聞かれたこともあります。 わたしたち信徒の価値観で、「洗礼を受けていないのにご...
05/12
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より 5月は『聖母月』です。月~金曜日の13:30よりロザリオを祈ります。 ⭐︎日曜学校より 本日(12日)9:00のミサ後、保護者会(初聖体、茶話会について)を行いますので、お集まりください。 ⭐︎主和の会より 本日(12日)9時ミサ後より勉強会を行います。メンバーを募集中です。興味のある方は、遠慮なくご参加ください。 ⭐︎フードドライブより 今月は、25日(土)13:00~15:00です。食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。 皆さん、よろしくお願いいたします。   
津和野の乙女峠には、毎年5月3日に全国から巡礼者が集まります。 聖母月にあたり、聖母マリアと殉教者たちを讃えるお祝いのこの日は、コロナ禍も巡礼者が途絶えることはなく、今年も(おそらく)2500名ほどが津和野教会から乙女峠までの聖母行列、峠の記念聖堂でのごミサに与りました。 地元の方は「知っている限り、今までで1番多いような気がします」とおっしゃっていました。   このような、苔むした急な坂道を登ったところに記念聖堂と広場があります。わたしは、この坂を登り降りることは難しかったので、麓でYouTubeの生配信をみながらごミサに与りました。 乙女峠のこと、ご存知でしょうか。 1867年、明治政府による浦上村の隠れキリシタン弾圧事件「浦上四番崩れ」では、およそ3400名ほどのキリシタンたちが見知らぬ土地に流刑されました。  全国22ヵ所に流された人々のうち、153名は津和野に辿り着きました。激しい責苦を受け、37名が乙女峠で殉教しました。 1892年に、ビリオン神父が殉教者たちの遺骨を一つの墓に収めました。1948年には、ネーベル神父が地域の方々の支援を受けて乙女峠に記念聖堂を建て、その周りの殉教地が祈り...
05/05
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・本日(5日)は『世界広報の日』になっており、本日のミサ献金をその為にお捧げしますので、皆様のご協力をお願いいたします。 ・6日(月)、7日(火)は、主任司祭が留守のため、朝ミサはございません。 ・5月は『聖母月』です。7日(火)から、月~金曜日の13:30よりロザリオを祈ります。   ⭐︎女性の会より 本日(5日)9:00ミサ後、聖堂にて例会を行います。   ⭐︎主和の会より 本日(5日)9時ミサ後より勉強会を行います。メンバーを募集中です。興味のある方は、遠慮なくご参加ください。   ⭐︎日曜学校より 来週12日(日)9:00のミサ後、保護者会(初聖体、茶話会について)を行いますので、お集まりください。  
04/29
復活節
以前書いた、聖書とキリスト教の教えについて学び始めた友人と、先日LINEでやりとりをしていました。 先週の記事を読んでもらい、意見交換をしていて、わたしが「この世はテンポラリーなもので、永遠の命のためにわたしたちはこの世を旅しているのよ」と伝えたところ、こう質問されました。 「永遠の命、とはどういうこと?」 皆さんは、そう尋ねられたらどうお答えになりますか? 昔、「マラナタ、ってどういう意味ですか?」と、年配の信者さんに質問したことがあります。その時のお答えは、「心で理解していることなので、そういう風に聞かれたらうまく言葉にできない」と。 使徒信条は、このように締めくくられます。 聖霊を信じ、聖なる普遍の教会、聖徒の交わり、罪のゆるし、からだの復活、永遠のいのちを信じます。 二ケア・コンスタンチノープル信条では、 わたしは信じます。主であり、いのちの与え主である聖霊を。聖霊は、父と子から出て、父と子とともに礼拝され、栄光を受け、また預言者をとおして語られました。わたしは、聖なる、普遍の、使徒的、唯一の教会を信じます。罪のゆるしをもたらす唯一の洗礼を認め、死者の復活と来世のいのちを待ち...
04/28
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・明日29日(月・祝)に開催される『くるめ楽衆国まつり』のため、8:00~17:00は、明治通り(六ツ門交差点から日吉町交差点まで)は片道通行となり、教会内駐車場には車両の乗り入れができません。また、西鉄久留米方面からのバスは迂回するため、日吉町バス停には停車しませんのでご注意ください。 ・5月6日(月)、7日(火)は、主任司祭が留守のため、朝ミサはございません。 ・5月は『聖母月』です。 5月7日(火)から、月~金曜日の13:30よりロザリオを祈ります。 ⭐︎教会委員より 本日(28日)9時ミサ後、信徒会館にて、合同委員会を行います。各代表はお集まりください。 ⭐︎女性の会より   5月5日(日)9:00ミサ後、聖堂にて例会を行います。 ⭐︎日曜学校より   5月12日(日)9:00のミサ後、保護者会(初聖体、茶話会について)を行いますので、お集まりください。       
04/22
復活節
「The Book」といえば、「聖書」を意味します。 2010年の映画「ザ・ウォーカー」(デンゼル・ワシントン主演)は、原題「The Book」です。それが聖書とは知らずに、「本を西へ運べ」という心の声に導かれ、目的地も分からぬまま30年間アメリカを西に歩き続ける男の話しです。 先日、「星の旅人たち」という映画を観ました。原題は「The Way」 The Bookが聖書であるように、The Wayは聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路のことです。 旅の途中で出会ったジプシーの男が主人公に告げた、「息子の遺灰をムシーアの海に撒け」との言葉に従って、目的の聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラに辿り着いた後も旅を続ける、父親の物語です。父親役はマーティン・シーン、息子役はエミリオ・エステべス、2人は実の親子であり、息子のエミリオがこの作品の監督です。(AmazonPrimeでご覧になれます。)   イスラエル、ローマ、サンティアゴ・デ・コンポステーラが、キリスト教の3大巡礼地と言われています。 スペイン語でEl Camino de Santiago(サンティアゴの道)と呼ばれ、El Camino(その道)、つまりThe Wayといえば、この巡礼のことを指します。 ...
04/21
今週のお知らせ
☆主任司祭より ・本日(21日)は、「世界召命祈願の日」です。召命のために心をあわせて祈りましょう。 ・29日(月・祝)に開催される『くるめ合衆国まつり』のため、8:00~17:00は明治通り(六ツ門交差点から日吉町交差点まで)は片側通行となり、教会内駐車場には車両の乗り入れができません。 また、西鉄久留米方面からのバスは、迂回するため日吉町バス停には停車しませんのでご注意ください。 ⭐︎フードドライブより 今月は、27日(土)13:00~15:00です。食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。 皆さん、よろしくお願いいたします。 ⭐︎教会委員より 28日(日)9時ミサ後、信徒会館にて合同委員会を行います。各代表はお集まりください。 ・・・・・・・・・・・ 召命を求める祈り 主イエス・キリスト、魂の牧者よ この困難の多い現代社会の中に生きる若者が、 内と外のさまざまな声の中から 「わたしに従いなさい」という 優しく力強いあなたの叫びを聞き分けることができるよう、 彼らの心を開いてください。 一人ひとりの心をあなたで満たしてください。 人生における真に善いこと、美しいことへのあこがれ、 福音を完全に生きたいとの望み、人々の救...
04/15
復活節
ローマに滞在中の聖書の師匠が、カラバッジョの作品の写真を送ってくださいました。 サンタゴスティーノ聖堂(ローマ)にある、カラヴァッジョの『ロレートの聖母(巡礼者の聖母)』 貧しい農民であろう老夫婦が、聖母子を拝む様子が描かれています。 聖母マリアは、33歳のカラヴァッジョが当時の公証人パスクアローネを襲撃し、大怪我を負わせる原因となった娼婦マッダレーナ・アトニエッティがモデルと言われています。 崇敬の対象である聖母マリアが普通の人々と同じように素足で描かれ、肩を出した露出の高い服、しかも巡礼者とかなり近い距離であることから、不敬だとしてライバルの画家に訴えられて裁判にかけられ、実際に投獄されています。 マリアの母性は、わたしたちを神の御父としての優しさに出会わせてくださる、もっとも直接的で、容易な道です。聖母が、信仰の始まりとその中心へ導いてくださるのです。それは、計り知れない賜物で、わたしたちを神に愛される子どもとし、御父の愛のうちに住まわせてくださるのです。(教皇様の4/10のX)   そして、今観ているネットフリックスのドラマに登場したのが、次の作品です。 この『ゴリアテの首を...
04/14
今週のお知らせ
☆主任司祭より ・本日(14日)は『カテドラル特別献金日』となっており、今日のミサ献金を、その為にお捧げします。皆様のお祈りとご協力をお願い致します。 ・「教区報読者アンケート」にご協力お願いいたします。 https://fukuoka.catholic.jp/infomation/20243031questionnaire/ ・4月より、第2日曜日が「子どもとともにささげるミサ」になります。   ⭐︎営繕委員より 20日(土)より教会敷地入口の電線埋設工事を予定しております。ご不便をおかけしますが、ご理解、ご協力の程、よろしくお願いいたします。 ⭐︎日曜学校より 本日(14日)9:00ミサ後、保護者会を行います。信徒会館にお集まりください。 ⭐︎フードドライブより 今月は、27日(土)13:00~15:00です。食品とともに、石鹸や洗剤なども募集しております。 皆さん、よろしくお願いいたします。  
4月の教皇様の祈りの意向は、「女性の役割」のために、とされています。 「女性の尊厳と価値があらゆる文化で認められ、さまざまな差別に終止符が打たれますように」。 ビヨンセ(アメリカの世界的アーティスト)の楽曲に、「Who run the world? Girls!」というのがあります。 誰が世界を動かしてる?女性たちよ!! 日本では女性管理職の数が少ない、議員になる女性が少ない、などと言われていますが、世界を見渡せば、女性たちがまだ旧約聖書の時代のような扱いを受けている国もあるのです。 聖書が書かれたのは、古くは今から4000年以上前であるにも関わらず、そして、当時は当然の如く女性蔑視(人数を数える際にはカウントされないですし)の時代であったにも関わらず、旧約にも新約にも、歴史を動かす女性や男性に怯まず行動する女性たちが描かれています。 イエス様が亡くなった時とその直後、すぐに行動したのは女性たちでした。 イエス様が息を引き取られた時に、百人隊長が「まことに、この方は神の子であった」。と言い、その様子を婦人たちが遠くから見守っていました。(マルコ15・40)   ジェームズ・ティソ(James Tissot)『十字架上から見た...
04/07
今週のお知らせ
⭐︎主任司祭より ・「教区報読者アンケート」にご協力お願いいたします。https://fukuoka.catholic.jp/infomation/20243031questionnaire/ ・4月より、第2日曜日が「子どもとともにささげるミサ」になります。 ・4月からの講座の案内 *聖書・要理講座 (信徒のみ) 毎週水曜 10時 / 19時 →10日開講*キリスト教入門講座(未洗者のみ)    毎週木曜日 10時 / 19時→11日開講   ⭐︎女性の会より 本日(7日)9:00ミサ後、信徒会館にて例会を行います。 ⭐︎営繕委員より 8日(月)より信徒会館トイレの改修工事、また、20日(土)より教会敷地入口の電線埋設工事を予定しております。 ご不便をおかけしますが、ご理解、ご協力の程、よろしくお願いいたします。 ⭐︎日曜学校より 14日(日)9:00ミサ後、保護者会を行います。信徒会館にお集まりください。 ⭐︎事務室より 本日(7日)、事務室はお休みです。