新着情報
07/15
その他
東京都民ではないのに、今回の都知事選挙はとても気になってニュースを追いかけていました。バイデン大統領の進退も気になるこの頃です。 今年は、世界中で政治の流れが大きく変わっています。というのも、EUの多くの地域で、極右とナショナリスト右派が躍進しているからです。 背景にあるのは、(2022年度は700万人がEU内に流入したという)移民問題、インフレ、環境重視の改革のコスト(環境保護を重要視する結果、電気代などが高騰)、などに人々が懸念を募らせているからだと言われています。 反移民、反環境規制、反EUといった主張を掲げる極右の躍進は、昨年11月のオランダの選挙で顕著に表れました。ドイツ、ハンガリーでも極右政権が誕生しています。先週のフランスの解散総選挙でも、結果及ばなかったものの、同様に極右政党が大躍進しました。 イスラエルは伸びほうだいのぶどうの木。実もそれに等しい。実を結ぶにつれて、祭壇を増し国が豊かになるにつれて、聖なる柱を飾り立てた。(ホセア10・1)新共同訳 イスラエルは実を結ぶ茂ったぶどうの木。その実が多くなればなるほど、彼は祭壇を増やした。(同)フランシスコ会訳 イスラエルは多くの実を結ぶ...